黒にんにくの効果

黒にんにくが秘める 3つの効果

 

美容や健康に向いている「黒にんにく」。具体的にはどのように効果が現れるのかを調べてみました。

 

がん予防効果

 

普通の大蒜(にんにく)にもガンを予防する効果があると言われていますが、黒にんにくはそれを上回るガン予防効果があるという事が各国の研究で判明しました。それは黒にんにくに含まれている「S−アリルシステイン」という成分が理由と言われていて、この成分がガン予防にはもってこいと言われています。

 

アンチエイジング効果

 

黒にんにくには抗酸化作用があることからアンチエイジングにも効果があると言われています。そもそも大蒜には美容・ダイエット効果があることで有名ですが、黒にんにくにするとその力が更に増し「食べれば食べるほど綺麗になれる」といわれるほどです。

 

しかも黒にんにくに含まれている大量のポリフェノールによってワントーン肌の色がアップ。シミやそばかすなどの色素沈着を改善しツルンとしたゆで卵のような肌に生まれ変わることが出来るとのこと。

 

さらには黒にんにくを食べることによって基礎代謝が上がり「気づかないうちに痩せやすい体質になる」ことが出来ると言われています。

 

抗酸化作用

 

人間の体は男女問わず日々衰えて行きます。そこに「過度なストレスが加わること」や「食品添加物を摂取すること」などが原因で、その衰えはスピードを上げ放置するとどんどん体が酸化(老化)してしまいます。その身体の酸化を食い止める力を抗酸化作用といいます。

 

黒にんにくには抗酸化作用があることが今までされてきた数々の研究結果からわかっています。抗酸化作用がある食べ物を摂取することで肌の劣化・老化を防ぐ…いわゆるアンチエイジング効果をもたらしてくれます。

 

抗酸化作用があるどの食べ物と比べても「黒にんにくはケタ違い」で効果を発揮します。抗酸化物質が多く含まれているという普通のにんにくと比べて、黒にんにくは発酵させてある分より多くの抗酸化物質が含まれているからです。

 

生活習慣病 予防効果

 

黒にんにくには糖尿病や動脈硬化などのいわゆる生活習慣病を予防する効果もあると言われています。これは黒にんにくに含まれているポリフェノールによるものだろうとされていて、ポリフェノールの力で血液がサラサラになることが理由なのだそうです。